ニキビが出来る場所と原因についてのニキビケア基本情報(簡易まとめ)

ニキビの場所とは

ニキビは毛穴がある場所であれば、全身のどこにでもできる可能性を持っている症状です。
ここではニキビの場所について気になる情報を掲載していきます。

 

主に顔にできることが多い肌のトラブルであるニキビですが、ニキビができる顔の場所ごとに原因が異なっていると言われていて、体と顔のニキビでも勿論原因が違っています。
ニキビは顔の中でもおでこから鼻、顎にかけてのTゾーン、フェイスラインのUゾーンにできやすく、首やデコルテ、背中にもできてしまうことがあると言われています。
できた場所によってケアの方法を変えることがニキビ肌のお手入れのポイントになることもあるため、ニキビができた場所や原因について調べておくことは大切です。
まずは自分のニキビがどこにできてしまったのか、またどこにできやすいのかをチェックして、原因を調べてからケア方法や対策を考えるようにしましょう。

 

ニキビの場所の原因

 

ニキビは顔にできることが多い肌のトラブルですが、一般的には皮脂の過剰な分泌が原因だと言われていて、他にもホルモンバランスや食生活なども影響していると考えられています。
ただ、ニキビができる場所によってニキビの原因の傾向が分かれることがあるため、チェックしておくことをお勧めします。
例えばTゾーンのおでこ、鼻は皮脂の分泌が非常に活発なことが特徴ですが、おでこは水分不足や疲労が原因でもニキビができることがあると言われています。
フェイスラインや口元のUゾーンでも頬は呼吸器系に問題がある場合にできやすく、喫煙者は要注意だと考えられている場所です。
口元は女性の場合には排卵期にニキビができることもあり、ホルモンバランスと密接な関係があると言われています。
女性の場合は髪の毛が刺激を与えておでこやボディにニキビができることもあると言われているので、髪型に気をつけたりシャンプーの残りや整髪料が肌に触れないように注意したいものです。
ボディにできてしまうニキビも皮脂や汗が関係していることが多く見られますが、首やデコルテはターンオーバーの乱れやストレスの蓄積、汗やシャンプー、石鹸のすすぎ残しなどが原因になることが多く、背中もシャンプーや石鹸が残っていることでニキビができると言われています。
ボディには下着での刺激が原因でニキビができることがあるため、下着の素材を確認して、肌に優しい柔らかいものを選びましょう。

 

ニキビのケアとは

 

ニキビができてしまった時には、早めに治して悪化させないようにすることや、跡を残さないためにもケアが大切なポイントになります。
ケアをする時にはニキビが初期の段階であることが重要で、進行してしまって化膿したり、炎症がひどい場合には皮膚科で治療した方が良いと考えられます。
初期の段階であればセルフケアができ、予防のためのケアも行うことが可能なので、正しい洗顔方法やスキンケアの方法で皮脂のコントロールをし、肌を清潔に保つように心がけましょう。
また、肌を良い状態に保つために生活習慣の見直しをして、ストレスの解消や睡眠不足にならない生活、食事の栄養バランスを考えることなども大切です。
肌の外側からのニキビのケアは洗顔やスキンケア、内側からのケアは食事方法などのように、ニキビケアはトータルに行うものだと考えておくと良いでしょう。
市販薬を使う方法もあるので、ドラッグストアなどで販売されているニキビのケアができる薬をチェックしておくことも大切だと考えられます。
ただし、市販薬を使っても改善しない場合には皮膚科を受診して治療することが大切なので、ケアをしながらニキビの状態をよく確認しておいてください。

 

なぜニキビの場所にケアが良いのか?

 

ニキビは顔にできた場合でも顔のどの場所にできたかでケアの方法を変えたり、ボディの場合にはボディに向いているケアの方法を行うことが重要です。
顔の中でもよくニキビができるおでこ、鼻、顎にかけてのTゾーンは、皮脂の過剰分泌が原因であることがほとんどなので、ケア方法は洗顔を中心に行うことがお勧めです。
過剰な皮脂を洗い流して、乾燥を防ぐために保湿効果を持っている化粧水や乳液、クリームで肌を整えましょう。
フェイスラインや口元などのUゾーンにニキビができる場合、乾燥やホルモンバランスが影響していることが考えられるため、保湿をしっかりと行うスキンケアをすることが大切です。
ホルモンバランスが乱れないように生活習慣を整えたり、食事をきちんと摂って無理なダイエットなどをしないように気をつけてください。
顔だけでなくボディにもできることがあるニキビは、シャンプーや石鹸のすすぎ残しや髪の毛の刺激、下着が原因になっていることが考えられるため、入浴を終える際に一度体を流すことや、髪をアップスタイルにすること、清潔な下着や柔らかな素材の下着を身に着けることがケアの方法となります。
このようにニキビができる場所によってケアの方法が少しずつ異なるので、ニキビの場所や考えられる原因に合わせたケアを行うようにしましょう。